余分な脂肪は脂肪吸引で取り除こう|体のスリムラインを再現

レディー

手術の特徴と注意すること

肩を触る女性

吸引して脂肪を取る

美容外科で手術に頼って痩せたい場合、脂肪吸引があります。脂肪吸引手術はダイエット効果が最も高い美容整形手術です。例えばお腹周りにガッツリついた脂肪も、脂肪吸引手術をすればすっきりとってウエストにくびれを作ることができます。脂肪吸引ではカニューレと言う細い管を使用します。カニューレには、先からベイザーという超音波が出るタイプや、ジェット水流が出るタイプ、レーザーが出るタイプなど、様々なタイプがあります。そのカニューレを皮下脂肪に挿入して、ターゲットとなる脂肪細胞を吸引して取り出していきます。狙ったエリアだけを集中的にサイズダウンできるので、下半身太りの解消、二重あごの解消などに最適です。カニューレで吸い取れば、脂肪細胞が体の中から消滅します。皮下脂肪の細胞が減るので、すぐにダイエット効果が現れます。普通のダイエットとは違い、ちょっと食べ過ぎたり飲み過ぎたりした位ではリバウンドしないのが脂肪吸引のすごいところです。脂肪細胞は大きくなることはあっても増えることはないので、一生ほぼそのままのスタイルを保つことが可能です。痩せにくい体質の人、苦しいダイエットをしたくない人、部分痩せしたい人などに人気の手術です。

安全に手術をするために

優れたダイエット効果がある脂肪吸引ですが、手術である以上はそれなりにリスクがあります。脂肪吸引をするにあたっては、医師の経験や実績、アフターケアの有無などを確認してクリニックを選定する必要があります。普通の脂肪吸引の場合は、取れる脂肪の量が限られます。また、執刀する医師が未熟で下手だと、しっかり脂肪が取れない場合があります。せっかく手術をしたのに、思っていたほど痩せなかったと後悔することがないように、経験が豊富な医師がいる美容外科クリニックを選ぶことが大事です。また、脂肪吸引をしたあとは長いダウンタイムがあります。脂肪吸引の手術後、麻酔が切れたあとは、痛みが激しく出る場合が多いようです。痛みを抑えるためにクリニックで処方してもらう鎮痛剤は必須です。鎮痛剤でも抑えられないほど痛みが激しい場合は、すぐにクリニックに連絡をして対応してもらうことが大切です。また、手術した部位の腫れを抑えるために、患部にしっかりガードルを巻いておく必要があります。患部を圧迫しておくことで、皮膚のたるみを予防することができます。お風呂に入るときを除いて、手術をしてから半年位はサポーターを巻いておくのがおすすめです。